窓が重要!

住宅の快適性を大きく左右するのが窓の存在です。住宅に希望する基本事項として「夏は涼しく冬暖かい家」であることが挙げられます。それを実現させるために大事なことは、建物の断熱性が重要だとばかり思っていました。もちろん使用する断熱材やそれに合った工法を取り入れることも大事なのですが、熱の出入り口で一番大きな窓の断熱性も重要であることも忘れてはいけません。

暖房時の熱が流出する割合は、屋根5%,床7%、外壁・換気15%、窓58%です。冷房時に熱が入る割合は、床3%、換気6%、外壁7%、屋根11%、窓73%です。この数字を見ると窓の断熱性が室内の快適性を大きく左右するというのが一目瞭然です。そこで2枚の板ガラスの間に乾燥空気を封入し、室外側ガラスの中空層面側に遮熱高断熱特殊金属膜をコーティングしたLow-E複層ガラスを取り入れる家庭が増えています。

我が家もまさにこれを採用しました。この特殊金属膜は、太陽光線のなかで可視光線を最大限に透過させ、赤外線・紫外線を大幅にカットしてくれます。まず省エネ性が期待できます。夏は太陽の熱を大きく反射するので冷房効果を高め、冬は高断熱性能を発揮し室内の暖かさを室外に逃がしにくくするので暖房効果の向上に役立ちます。

また、冬場は窓の結露を大幅に抑制してくれます。結露抑制は、アトピーの一因といわれるダニやカビの発生を抑えるので、健康な住空間を作り出すことにも繋がります。しみやそばかす、カーテンや家具の色あせの一因となっている紫外線を大幅にカットしてくれるので、住まいと人の健康を守ってもくれるのです。住まいの快適性を高めるには窓に注目しなければならないのです。

外構

家造りで一番最後に行われるのが外構工事です。この玄関の中で特に玄関の門周りは、門扉、ポスト、表札、インターホンなど機能が詰まった場所です。使いやすさや安全面にしっかりと配慮して素敵な門周りにしたいものです。玄関までのアプローチ部分はできれば段差は設けないようにしておきましょう。自転車や車椅子での出入りを想定すると段差は避けたいものです。やむおえず段差を設ける場合は、踏み面を広く確保し、中途半端な段差にするのではなく、しっかりとした高さをつけた方がいいのです。中途半端な段差はかえって足をつまづけやすくなってしまいます。

門の幅においては自転車と一緒のときや大きな荷物を抱えている場合でもスムーズに行き来ができるようにしっかりと幅を確保しておきましょう。毎日出入りするところなのでスムーズに出入りができることで暮らしやすさを実感できるのです。ポストの設置場所は、雨に濡れずに新聞を取りに行ける位置に設置しておくといい便利ですし、腰をかがめることなく取り出しやすい高さに設置しておくと体に負担もかかりません。

駐車スペースだけでなく家族の台数分の駐輪スペースも確保しておく必要がありますし、インターホンには来客者の顔がしっかりと写る位置に設置しておかなければ意味がありません。安全性や使いやすさに配慮すると同時に、デザイン性にも目を向けましょう。建物とのバランスを考え、色調や素材が建物の外装に合っているかということに気をつけると調和が取れまとまりも生まれます。建物との調和のみならず、近隣に建ち並ぶ住宅との調和にも目を向けましょう。そうすることで目立ちすぎることなく、馴染みやすくなります。外構もしっかりと計画して住宅の完成度を高めたいものです

インテリアデザイナーの使いやすい収納術

階段下のデッドスペースをクロークに
冷蔵庫のように、開けると明かりがつきます。収納スペースが暗いと、探しにくいのはもちろん、片づける気力もダウンし、一目で認識できないので記憶に残りにくく、何がしまってあるのか忘れてしまいます。そしてみんなが、とりあえず入れておこうという気分になり、何が何だか分からなくなります。収納スペースを明るく照らしましょう。更に、クロークは床を張らずに廊下よりも一段掘り下げてあり、そのぶんだけ収納量が増えるという工夫がされています。

動く棚
奥行きが深い棚の工夫です。手前が左右に動かせるスライド式の本棚があります。押入とか、廊下の脇にある物入れや物置など、奥行きが深い収納に当てはめてみましょう。靴やレジャー用品、寝具、季節家電などを、使用頻度で使い分けます。奥にはカラーボックスのような棚を置いて、子供の作品やアルバムなど使用頻度の低い物をしまい、手前はキャスターつきの家具にして動かせるようにします。冷蔵庫や食器棚、吊り戸棚など小さな収納スペースも、この発想にすれば、死蔵品のない活用率の高い収納になります。ただし手前のキャスターつきの家具は、左右に動かせるだけの余裕をもたせましょう。二世帯住宅の場合など、玄関の下駄箱をスライド式にすると、たくさんしまえます。

気配りのある収納
扉裏にフックを付けるときは、手前のすぐ手が届く所に一つ目のフック、そして手が届き難い奥は少し低い所に2つ目のフックを付けます。右利きなら、左で扉を開けて右手で出し入れするので、左側の扉裏にフックを付けます。使いやすい収納は、奇をてらったアイディアではなく、地味でも細部まで気を配る思いやりから生まれます。

寝室に書斎スペース

我が家の寝室は広さに余裕があったため主人が希望した書斎スペースをここの一角に設けることにしました。書斎スペースで過ごす時間は、個室にいるかのような気分となるように寝室と書斎スペースの境には程よい高さで区切った腰壁を設け互いの気になる視線をカットできるようにしたのです。天井まで壁を設けてしまうと閉鎖的な印象になってしまうので腰壁にしました。

子ども達がまだ小さいので寝室で家族みんなで寝ているのですが、寝室で寝かせつけている横で、家族の気配を身近に感じながら書斎スペースで過ごすことができ主人も喜んでいます。

腰壁を利用して本棚を設けています。漫画が趣味で漫画本も多いためここ一か所で整理できると助かりますし、仕事の書類やパソコン関連用品などもここに整理することができています。広さに限りのある書斎スペースですがこの収納スペースのおかげで物が片付けられ利用しやすい空間が広がっています。横幅と奥行のあるカウンターを設けています。持ち帰りの仕事をここですることも多いため作業がしやすい広さにしています。

主人が使用しない時は私が子ども達を寝かせつけた後使用することもあります。お肌のナイトケアを行ったり、ネットショッピングを楽しんだり、なかなか自分の時間がありませんが、ホッと一息自分の時間を大切にできるスペースにもなっています。寝室にこのスペースを設けたことで寝室で過ごす時間が長くなり、寝室での過ごし方の幅も広がり非常に満足しています。

間取りのアイディア

30代夫婦で男の子2人(幼児)の4人家族を例にとって、将来を見据えた色々な収納のアイディアを見てみましょう。

玄関
男の子2人だと、1人12足、4人で48足分の収納が必要です。壁面収納タイプの下駄箱にすると、54足入り、3足分のブーツがあっても対応できます。

和室の押入れ
和室は子供が小さいうちは、お昼寝や遊びのスペースとして重宝します。一間の中棚がある押入れには、1階で使う昼寝布団や客用布団、季節用品、おもちゃなどを収納します。半間の中棚がない物入れは、奥行き50cmのところに可動棚を付け、アイロン、生活用品のストックや取扱説明書などの書類を入れ、手前には掃除機やモップなどの長尺物を収納します。

キッチンの収納
子供の成長につれ、冷蔵庫も食器棚も大きなものが必要になります。冷蔵庫の幅は80cm、家電食器棚の幅は1m50cm確保しましょう。また、ストック品も増えるので、キッチンにパントリーを設置すると良いでしょう。

ダイニングの収納
子供の勉強や、家事のワークスペース用に机を置く場合、本棚や棚も作り、勉強道具や文房具、書類が入れられるようにします。

リビングには物が集まる
子供が成長してくると、テレビの周りにはDVDやゲーム機器、ゲームソフトなどが集まってきます。テレビボードも大きい物が必要になり、壁面が少ないと、壁面収納や家具の置き場所も限られるので、書斎・パソコンスペースをリビングに作るのは難しくなるかも知れません。2階など、別の場所を考えても良いでしょう。

洗面室と衣類
2階に下着やパジャマを取りに行かなくても良いように、洗面室や和室の押入れの一部を衣類収納に当てても便利です。

リビング収納

家造りを行うほとんどの人が、家族が長時間共に過ごすリビングを重視することと思います。明るさや広さ、開放感を確保し居心地のいい空間を目指すことと思います。そこで意外と見落とされてしまうのがリビングの収納です。リビングでは家族みんながいろいろなことをして過ごすため物が集まってきやすい場所であることを忘れてはいけません。リビングこそ収納を充実させ、物が散らかりにくく、家族で物を共有しやすいようにしておきましょう。

我が家は、テレビの背面にウォークイン型のリビング収納を設けました。壁いっぱいに棚を造り付けて、床から天井まで余すとこなく物を収納することができます。収納するものに合わせて棚の高さを調整できるようにしたので、デッドスペースを生みにくく物を効率よく整理できています。リビングから見えない収納スペースを確保したことで、目に触れると生活感を与えてしまう日用品も収納できていますし、掃除機やアイロン台など大きさのあるものも収められています。

子ども達のおもちゃや幼稚園グッツ、ランドセルなどは下部を利用して自分で物の出し入れができるようにしています。幼稚園と同様に自分達のロッカーのようなリビング収納は、自分で物を管理する習慣が身につけられます。書類や説明書、パソコン関連用品、お薬、爪切りなどの小物までここにきちんと整理しています。

リビングという身近な空間にこのように充実した収納スペースを設けたことで、家族で物を共有しやすく、出したらしまうという当たり前のことが自然とできるようになったのです。一部分はコートクロークとしていつも着用する上着を一時置きできるようにしています。家族みんなが利用しやすいリビング収納を目指しましょう。

和室

住宅の洋風化が進む中、今まで当たり前のように設けられていた和室が設けられないことも珍しいことではなくなりました。建物の予算を抑える際に一番早い方法が、建物自体をコンパクトにすることです。そこで和室を設けないという住まいも少なくないのです。和室を設ける場合、和室をどこに設けるかで和室の利用法の幅も変わってきます。

和室の利用の幅を広げるには、リビングに隣接した和室がいいのです。普段は建具で仕切らずオープンにします。リビングにより広さや開放感がプラスされますし、リビングの延長として和室を多目的に使用しやすくなるのです。子ども達の遊び場として、お昼寝のスペースとしても便利です。フローリングだとおもちゃを落とした時のキズが気になりますし、こけたり、寝返りをした時にこつんと頭を打っても畳がクッションとなってくれて痛みも半減します。

ゴロンと横になるには最適の場所であるだけに親子で昼寝をするのもいいでしょう。他には、洗濯物をたたんだり、アイロンがけをしたり、リビングで遊ぶ子ども達の様子を確認しながら家事を行えるので家事と育児の両立がしやすくもなるのです。建具で仕切ってしまえば宿泊ルームとして利用することもできますし、足腰が弱って高齢者になれば夫婦の寝室として利用させることも可能です。

今までは独立型の和室が設けられていましたが、このようにいろいろな用途で利用しやすい和室が求められ、最近ではリビングの一角やリビングの延長上に設けられることが多いのです。居心地のいい和室は日本人ならいつまでも大切にしたいものです。

オープンなキッチン

間仕切りなどで閉じられたキッチンではなく、リビングと一体化したオープンキッチンが最近主流となりつつあります。今までは壁付けのキッチンが多く、キッチンで家事を行う母親の姿はいつも背中でした。母親とコミュニケーションが取りたくても会話がしずらく、キッチンで家事を行う母親は、一人で淡々と家事を行うため孤独を感じることもあるでしょう。

しかし、オープンなキッチンにすることで誰でもキッチンに近寄りやすく、作業を手伝いやすくなります。また、家族と向き合う形になることで、家族とのコミュニケーションを増やすことができるのです。キッチンで家事を行う時間はより楽しみながら行えるようになるのです。また、子どもが小さい家庭では子どもの様子にしっかり目が行き届くため家事と育児の両立がしやすいというメリットもあるのです。

オープンキッチンと言っても形は様々で、I型と呼ばれるタイプのキッチンをリビングに向かって配置する対面型タイプや部屋の中央に島のようにキッチンを配置するアイランド型など色々な形があります。キッチンスペースの広さや家事のしやすさに配慮して自分に適したキッチンスタイルを取り入れたいものです。

オープンキッチンで私が一つ気になるのが、乱雑になったキッチンがリビングから丸見えになってしまうことです。急な来客時でもスムーズに対応しにくいのです。キッチンの前に気になる手元部分が隠せるように腰壁を設けるのもいいと思います。

二階ホールを活用しよう

階段を上がった先の二階ホールを最近ではいろいろな用途で活用させている家庭が増えてきました。私の友人の一人はホールの壁一面に本棚を設けて二階ホールを読書スペースとして利用しています。また別の友人は、ここにピアノを置きピアノスペースとして利用させていたり、カウンターを設けて旦那さんの書斎スペースとして利用させていたり、様々な活用法が取り入れられています。

二階ホールと言うと今まではただの通路でしかなかったのですが、二階の間取りをこのホールを中心に考えることで、憧れの空間を手に入れることができるようになったりするのです。我が家はこの二階ホールを中心に各部屋へ行き来ができるようにしています。二階に廊下がないので各空間を有効的に使用できています。我が家はファミリースペースとして、昼間は子ども達の遊ぶスペースとして利用し、夜は寝る前の時間を家族で過ごすセカンドリビングのような空間として利用しているのです。

ここにおもちゃを並べていることで、リビングにおもちゃが散らかりにくくなりました。子ども達が成長すればスタディーコーナーとして利用できるように、二人並んでもゆったり過ごせるカウンターを設けておきました。寝る前の時間をここで過ごすことで、一階のリビングで過ごす家族の時間とは違った時間が流れています。いざ眠くなった時も寝室から近いので寝かせつけも楽ですし、子ども達も自分で寝室へ行き寝る習慣が身に付いてきました。二階ホールを活用させることで住宅での過ごし方の幅が広がり、楽しさも増すのです。

長期優良住宅

我が家の住宅は長期優良住宅です。最近ではこの長期優良住宅という言葉も聞きなれているという人が多いのではないでしょうか。長期優良住宅とは、住宅を長期にわたり使用することにより、住宅の解体や除却に伴う廃棄物の排出を抑制し、環境への負荷を低減するとともに、建て替えに係る費用の削減によって負担を軽減し、より豊かな暮らしへと転換することを目的としているのです。

この長期優良住宅と認定されるには7つの認定基準をクリアしなければなりません。まず、世代を超えて住み継がれるレベルの耐久性のであるかという劣化対策です。そして、住戸面積です。良好な居住水準を確保するために必要な規模を有している必要があります。メンテナンスやリフォームしやすい家でなければならないので、維持管理・更新の容易性も求められます。

地域における居住環境の維持及び向上にはいりょされたものであることも求められます。省エネルギー性も必要です。断熱性能など一定の省エネルギー性が確保されている必要性があるのです。そして耐震性も重要です。大規模な地震に対して倒壊しにくい、またもしもの際も直しやすく、損傷が少なくて済む一定の耐震性が必要なのです。そして最後に、維持保全計画です。これら7つの認定基準を満たして初めて長期優良住宅と認定されるのです。

長期優良住宅と認定されると税制優遇のメリットがあります。例えば、住宅ローン減税の最大控除額が最大500万円受けられたり、固定資産税減税が5年間受けられたりとその他にも税制の優遇が受けられるのです。これからもこの長期優良住宅は人気を高めていきそうですね。

←Older