借入資金はどのくらいにすれば良いの?

家を買う、と決めたけれどエリアによって土地価格はまちまち。家を手に入れるのにどのくらいのお金がかかるのか、いまいち分からないという方も多いのではないでしょうか。資金調達や借入、ローンなどなど、実際に友達が悩んだ点を教えてもらいました。

◆万が一に備えてどのくらいあれば安心?
 我が家の場合、最も悩んだのは万が一に備えてどのくらいのお金を手元に残しておくかという点でした。出来るだけ自己資金を使用して住宅を建てたいという思いがあったものの、実際に不足分をローンで補った場合、万が一の事があったら・・・・とかなり悩んでしまったからです。ライフプランやこれから先の10年、20年で起こりうる出来事、支出などなど考えうること全てを書き出して入念な資金計画を建てることで実際にどのくらい手元にあれば安心なのかを考えてみました。お金についての問題はこれといって正攻法が無いと思います。それぞれのご家庭での優先順位も価値観も違うと思うので、ファイナンシャルプランナーなどに相談するのも良いけれど、最終的には自己判断で決める必要があると実感しました。

◆本当に返済できるのか不安でした
 計画上では30年間で完済、と言われても正直本当に返済していけるの?と不安だらけでした。こういうご時世なので、いつ仕事が無くなってもおかしくない、とかいろいろとネガティブな方向で考えてしまい、返済金額や返済総額などかなり悩みました。実際に支払える事をベースに考えると思っていたよりも借入金額が少なくなりましたが、そういう限られた予算での家づくりもありだと思います。