家族の絆を高められる家

マイホーム購入は人生最大の買い物です。
この人生最大の買い物には家族が楽しく過ごせ満喫できる家でなくては意味がありません。
家族の絆を大切にできる家にしたいと私は強く思っています。
家族の絆を高めるためにはリビング階段がいいのではないかと思っています。
子どもが思春期頃になると親と顔を合わせることも会話をすることも嫌になります。
一日朝チラッと顔を合わせてそれっきりという日も少なくないかもしれません。
これを解消するにはリビング階段にすることが有効だと思います。

帰宅して必ずリビングを通らなければ二階の部屋に行けないようにしておくことで、リビングで家族が顔を合わせる機会が増えます。
親は子どもの表情を見て変化に気づいてあげることもできますし、顔を合わせることで自然と会話をする機会が高まります。
また子ども部屋は広々と快適な部屋に仕上げるのではなく、勉強でき寝ることができるということを前提に子ども部屋の広さを考えた方がいいのです。
快適な子ども部屋にすることで自分の部屋で過ごす時間が多くなり、家族とコミュニケーションを取る機会を減らしてしまうのです。
適度な広さで子ども達がリビングに集まるように工夫することも大切だと思います。

リビングを吹き抜けにして住宅に一体感を高めることで一階に居ても二階に居ても互いの存在を身近に感じられる家になると思います。
身近に家族の存在を感じられることで安心できホッとできる家という意識を高められるのです。
家造りは単に暮らしを快適にするだけではなく、家族の繋がりを大事にするものでなくてはいけないような気がします。