リビング収納

リビングは住宅の中で一番快適性が求められる場所です。しかし家族が長時間共に過ごすこの空間には、自然と物も集まってくるのです。くつろぐはずのリビングに物が集まってしまうとリビングの快適性を損なってしまう場合があります。まずはリビングに物が散らかりにくい環境を整えておきましょう。そこで我が家はリビング収納を充実させました。

リビングの背面に家族みんなの物を共有できる収納庫を配置しました。室内から見えない収納スペースを作ることで、見せたくない日用品や掃除機をスッキリと片付けることができます。作りつけの大きな棚にはいろいろな物がきちんと整理整頓でき、リビングに物が散らかりにくくなるのです。外出先から帰宅すると、外で着ていた上着や持ち歩いたカバンがいつまでもリビングに置きっぱなしになっていることは多いです。

子ども達が帰宅すると幼稚園グッツや帽子、ランドセルなどがいつまでも放置されているものです。まずはこれらがリビングに散らからないように上着やカバンを掛けて収納できるスペースを確保しました。ポールを上下二段に分けて設け、大人用と子ども用のコートクロークを設けました。これなら子ども達も自分で上着や掛けることができ、また外出の際には自分で上着を取り出すことができます。

バックにおいてもS字フックに掛けてしまうこともできますし、オープン棚に寝かせて収納することもできます。子どものおもちゃなどもきちんとここに収納しています。リビングには必要最低限のものしかないので、スッキリとより広々とした空間が広がっています。