オープンなキッチン

間仕切りなどで閉じられたキッチンではなく、リビングと一体化したオープンキッチンが最近主流となりつつあります。今までは壁付けのキッチンが多く、キッチンで家事を行う母親の姿はいつも背中でした。母親とコミュニケーションが取りたくても会話がしずらく、キッチンで家事を行う母親は、一人で淡々と家事を行うため孤独を感じることもあるでしょう。

しかし、オープンなキッチンにすることで誰でもキッチンに近寄りやすく、作業を手伝いやすくなります。また、家族と向き合う形になることで、家族とのコミュニケーションを増やすことができるのです。キッチンで家事を行う時間はより楽しみながら行えるようになるのです。また、子どもが小さい家庭では子どもの様子にしっかり目が行き届くため家事と育児の両立がしやすいというメリットもあるのです。

オープンキッチンと言っても形は様々で、I型と呼ばれるタイプのキッチンをリビングに向かって配置する対面型タイプや部屋の中央に島のようにキッチンを配置するアイランド型など色々な形があります。キッチンスペースの広さや家事のしやすさに配慮して自分に適したキッチンスタイルを取り入れたいものです。

オープンキッチンで私が一つ気になるのが、乱雑になったキッチンがリビングから丸見えになってしまうことです。急な来客時でもスムーズに対応しにくいのです。キッチンの前に気になる手元部分が隠せるように腰壁を設けるのもいいと思います。