和室

住宅の洋風化が進む中、今まで当たり前のように設けられていた和室が設けられないことも珍しいことではなくなりました。建物の予算を抑える際に一番早い方法が、建物自体をコンパクトにすることです。そこで和室を設けないという住まいも少なくないのです。和室を設ける場合、和室をどこに設けるかで和室の利用法の幅も変わってきます。

和室の利用の幅を広げるには、リビングに隣接した和室がいいのです。普段は建具で仕切らずオープンにします。リビングにより広さや開放感がプラスされますし、リビングの延長として和室を多目的に使用しやすくなるのです。子ども達の遊び場として、お昼寝のスペースとしても便利です。フローリングだとおもちゃを落とした時のキズが気になりますし、こけたり、寝返りをした時にこつんと頭を打っても畳がクッションとなってくれて痛みも半減します。

ゴロンと横になるには最適の場所であるだけに親子で昼寝をするのもいいでしょう。他には、洗濯物をたたんだり、アイロンがけをしたり、リビングで遊ぶ子ども達の様子を確認しながら家事を行えるので家事と育児の両立がしやすくもなるのです。建具で仕切ってしまえば宿泊ルームとして利用することもできますし、足腰が弱って高齢者になれば夫婦の寝室として利用させることも可能です。

今までは独立型の和室が設けられていましたが、このようにいろいろな用途で利用しやすい和室が求められ、最近ではリビングの一角やリビングの延長上に設けられることが多いのです。居心地のいい和室は日本人ならいつまでも大切にしたいものです。