リビング収納

家造りを行うほとんどの人が、家族が長時間共に過ごすリビングを重視することと思います。明るさや広さ、開放感を確保し居心地のいい空間を目指すことと思います。そこで意外と見落とされてしまうのがリビングの収納です。リビングでは家族みんながいろいろなことをして過ごすため物が集まってきやすい場所であることを忘れてはいけません。リビングこそ収納を充実させ、物が散らかりにくく、家族で物を共有しやすいようにしておきましょう。

我が家は、テレビの背面にウォークイン型のリビング収納を設けました。壁いっぱいに棚を造り付けて、床から天井まで余すとこなく物を収納することができます。収納するものに合わせて棚の高さを調整できるようにしたので、デッドスペースを生みにくく物を効率よく整理できています。リビングから見えない収納スペースを確保したことで、目に触れると生活感を与えてしまう日用品も収納できていますし、掃除機やアイロン台など大きさのあるものも収められています。

子ども達のおもちゃや幼稚園グッツ、ランドセルなどは下部を利用して自分で物の出し入れができるようにしています。幼稚園と同様に自分達のロッカーのようなリビング収納は、自分で物を管理する習慣が身につけられます。書類や説明書、パソコン関連用品、お薬、爪切りなどの小物までここにきちんと整理しています。

リビングという身近な空間にこのように充実した収納スペースを設けたことで、家族で物を共有しやすく、出したらしまうという当たり前のことが自然とできるようになったのです。一部分はコートクロークとしていつも着用する上着を一時置きできるようにしています。家族みんなが利用しやすいリビング収納を目指しましょう。