寝室に書斎スペース

我が家の寝室は広さに余裕があったため主人が希望した書斎スペースをここの一角に設けることにしました。書斎スペースで過ごす時間は、個室にいるかのような気分となるように寝室と書斎スペースの境には程よい高さで区切った腰壁を設け互いの気になる視線をカットできるようにしたのです。天井まで壁を設けてしまうと閉鎖的な印象になってしまうので腰壁にしました。

子ども達がまだ小さいので寝室で家族みんなで寝ているのですが、寝室で寝かせつけている横で、家族の気配を身近に感じながら書斎スペースで過ごすことができ主人も喜んでいます。

腰壁を利用して本棚を設けています。漫画が趣味で漫画本も多いためここ一か所で整理できると助かりますし、仕事の書類やパソコン関連用品などもここに整理することができています。広さに限りのある書斎スペースですがこの収納スペースのおかげで物が片付けられ利用しやすい空間が広がっています。横幅と奥行のあるカウンターを設けています。持ち帰りの仕事をここですることも多いため作業がしやすい広さにしています。

主人が使用しない時は私が子ども達を寝かせつけた後使用することもあります。お肌のナイトケアを行ったり、ネットショッピングを楽しんだり、なかなか自分の時間がありませんが、ホッと一息自分の時間を大切にできるスペースにもなっています。寝室にこのスペースを設けたことで寝室で過ごす時間が長くなり、寝室での過ごし方の幅も広がり非常に満足しています。