シックハウス対策の安全性

さてシックハウスの対策ですが、国が定めているシックハウスの対策は、建築基準法に基づくシックハウス対策に係る規制は、平成15年7月1日以降に着工された建築物に適用されます。

それは次のような項目です。

1・クロルピリホスの全面使用禁止

2・ホルムアルデヒドの規制

・内装材に使う面積制限

・機械換気設備の設置義務付け

・天井裏の制限が対策    として施行されています。

しかしこの法律には落とし穴があるのです。

1のクロルピリホスは有機リン系化合物の殺虫剤でシロアリ駆除に効果的とされ、家庭用から農業用まで使用されてきましたが、めまい、吐き気、怠慢感、腹痛などの症状の原因とされたため国内での製造自体が中止になりました。

またホルムアルデヒドはF★★★★などにより製品の放散量が規制されている為安全とされているが、WHOの下部機関である国際がん研究機関によりグループ1の化学物質に指定され、発癌性があると警告されている物質でもあるためにとてもおそろしい物質なのです。

また製品に対する放散量の規制は、F★★★★であれば無制限に使用することが可能であるため、材料の使用頻度によって、室内の空気中濃度は大幅に変わってくるのです。

この為に24時間換気システムを稼動させ、放散した化学物質を室外に放出する方法が取られているのではないのかなと思います。

また規制はされていませんが、ホルムアルデヒドのほかにも、VOCは空気中に放散していますから、必ずしも安全とはいえないのです。

このようなことから自分の身は自分で守ることが必要ではないのかなと思います。