自然素材の家

アパートなどでできることは限られていますが、新築を計画されている方には、シックハウス対策が沢山あります。

簡単に説明すると・・・住宅に化学物質を含んだものは使用しないというのが大前提になります。

化学物質を含んでいない自然の素材をいかした住宅にすれば、体に優しい住宅になるわけです。とてもかいつまんで説明しましたので、詳しく説明していきたいと思います。

自然の材料と言っても様々な材料があります。一番有名なのは、天然の木材をしようした床材などですね。

木を加工してそのまま床板に使用しています。

通常のフロアー材は合板と呼ばれ何枚ものベニヤを接着剤で張り合わせたものを使用しています。

また壁や天井の仕上げに使用されている壁紙の接着材にもホルムアルデヒドが含まれています。

これを自然材料で仕上げる場合には「漆喰」を使用します。

漆喰の大きな特徴は、湿度を調整する効果や、消臭・抗菌効果、化学物質の吸着効果などシックハウスに対する有効性が注目を浴びているのです。

同じような仕上げ材で「珪藻土」がありますが、塗る際に接着材を混ぜるので、自然素材とはいえません。

このほかにも健康住宅に使用される部材には、化学物質を使用していないものが使われています。

自然素材の家造りや無添加住宅での家造りはシックハウスのことを気にしないで安心して住めると思います。

しかし費用はやはり割り高になると思いますが、安全を買ったと思えばどうでしょうか?

これから先の家族の健康を考えた場合の、あなたの気持ちはどうでしょうか?