健康住宅の接着剤

前回は石屋根のお話をしましたが、今回は健康住宅にも仕様出来る接着剤のお話をしたいと思います。

シックハウス症候群の原因とされている揮発性有機化合物(代表的なものに、ホルムアルデヒド、トルエン、ベンゼン、フロンなど)により人体への影響が問題になっていますが、今のところホルムアルデヒドの規制とクロルピホスの使用中止のほかは今のところ規制まではいたっっていません。

このような化学物質画多く使用されているのが接着剤だと言われています。

現状の住宅は24時間換気などによりVOC(揮発性有機化合物)の排出画されていますが、現状シックハウス症候群や化学物質過敏症の患者さんが、住むにはとても辛い住宅なのでは?と思います。

そういった状況だからこそ健康住宅は存在意義があるのだと思います。

そのような住宅で使われている接着剤とは?健康住宅の接着剤は、「にかわ」動物の骨や皮を煮詰めて作るものと、「米糊」米を水で煮こんで粘りを出したものを使用します。

二つの接着剤にはそれぞれ特徴があり使用用途によって使い分けられています。

「にかわ」は接着力が非常に強い為おもに現場での作業用として使われています。

逆に「米糊」は、接着力が出るまでに非常に時間がかかるために、建具など予め作成しておいて、時間をかけて接着する用途に使われています。

このように接着剤も天然の材料を使用したものにこだわり、健康に暮らせる家を考えている健康住宅がこれから増えていくことを期待しています。

大分の土地に健康住宅を建てた友人もいます。

建てるときには健康住宅を専門に取り扱っているところに依頼するほうがいいでしょう。

工務店も集客のことを考えて専門化していっているところが多いです。