漆喰と土壁

  珪藻土と並んで天然壁材として有名なものに古来から利用されてきた漆喰というものがあります。

 漆喰の主成分は消石灰で、糊やすさを混ぜて上塗り材として利用される建材です。

 漆喰はある程度の厚みをもって施工しなければ調湿性の良さは発揮できません。しかし白く美しい表情と平滑な仕上がり感から古くから外壁材として珍重されてきた壁材です。お城の城壁を思い浮かべてみれば漆喰のイメージは伝わるでしょう。

 漆喰には二酸化炭素を吸収しながら硬化していく気硬性の性質があり、施工後長い年月をかけて硬化していくのが特徴です。またホルムアルデヒドなどの有害物質を吸着し、分解する機能を持っています。

 外壁の上塗りに漆喰を利用すると見た目の美しさや艶はもちろんのこと、多少の調湿性と断熱性もあり天然素材の外壁材としては申し分ないように思います。

 内壁材として土壁をもちいれば外壁と内壁の両方で自然素材を取り入れることができますね。

 土壁には珪藻土の他に、聚楽壁や大津壁、錆壁などがあり、土の性質により多少色の違いがあるものです。

 漆喰以上に調湿効果がありこちらは内壁材として非常に向いています。木材と同じように呼吸している素材ということになります。細かな気孔が空気の層となり湿度によって水分を排出したり逆に吸収したりすることで、室内の調湿をおこなってくれます。

 これらの施工には時間と手間と職人の腕が必要となってきます。しかし、その分人工的なサイディング材やクロス材にない味を演出してくれることでしょう。